体の相性が良い人と結婚すべき?セックスの相性が悪い人と結婚したらどうなるの?

体の相性次第で夫婦仲は良くも悪くも変わります。

ただ、結婚をする時には、体の相性を考えた方がいいってあまり聞かないですよね。

外に向けて言いにくい話題ですから、あまり聞かないだけで、結婚後、何十年も一緒にいる関係ですから、体の相性・セックスの相性は非常に重要。

ここからは、相性が良い人・悪い人と結婚したらどうなるのか、詳しく紹介していきます。

体の相性は重要?

体の相性が結婚生活にどう影響するか?と言われると、「トータル的に見てプラスが多い」と答えることができます。

どこまでいっても男女である夫婦、お互いの欲求が許す間は互いを求め合うことができるわけで、その相手が夫婦同士なら絶対理想的と言えるでしょう。

結婚することって、別にセックスだけというわけではありませんが、逆に考えると「結婚にはセックスも付き物」と言えます。

女性目線から考えて不安なことと言えば、絶対に男性の浮気ですが、それを封じる意味でも体の相性が夫婦生活を左右すると言えます。

いずれしなくなることであったとしても、体を重ねる回数と愛情は比例します。

しなくても円満という夫婦はたくさんいますが、「あって困るものではない」ので例えば夫から求められるばかりになったとしても、それをこなすためにも一役買ってくれます。

結婚とは一人でできないもの、そして夫婦は体を重ねていくものですから相性は重要と言えるのです。

結婚したらどのくらいの頻度でセックスする?

大手の結婚サイトにあるアンケートでは、必ずと言っていいほどこの質問が目立ちます。

でも実際気になるところ、大枠を調べてみると「付き合っていた時より減って、あとは夫婦間で差がある」という結果でした。

相性の前にお互いがずっと一緒にいることで、ある種の「飽き」がきてしまいます。

人間ですから誰だってこれは仕方のないこと、マンネリと同じように燃え上がったり冷めたりという時間があるということですね。

小作りという大きな目標を持っていればどちらかと言えば女性から求める、快楽のためにセックスしたいなら男性から求めるというのが傾向的に分かっていることです。

回数で言うと、多い夫婦は週5回から少なくなると半年に1回となっていました。

「しなきゃいけないこと」ではありませんが、していればお互いの気持ちに共感しやすいというのも副産物と言えるので、多いほどやはり仲良し夫婦という傾向もあります。

体の相性が良くない人と結婚した人たち

体の相性が良くない男性と結婚するとどうなるのでしょうか?

「ただセックスしないだけ」では済まない問題も多々あるようで、実際の意見を集めてみました。

これを読むと相性が良い男性とのメリットも見えてくるハズです。

相性が悪いとケンカが絶えない

単純明快かもしれませんが、体の相性が悪いとケンカが増えてしまいます。

お互いを愛し慈しむことは、結果として「お互いを求め合うこと」につながっていきます。

男女ですから行きつく先はセックスとなるのは、いわば自然の摂理とも言えることです。

体の相性が悪いことで、自然と夫婦間の交わりが減るためケンカに発展しやすい関係が出来上がってしまいます。

裸一貫でお互いがぶつかれる関係なら、それがもとになって言いたいことを少しガマンできたりもするからです。

「ぐっとこらえる」というのは、お互いを求め合ってこそできる忍耐力でもあるのです。

体の相性が悪ければセックスしない、それって当然のことなので結果として小さなことでもケンカに発展して絶えないということですね。

セックスだけの関係と思える瞬間に悲しくなる

相性が悪くても浮気はしない、そんな夫婦でいることができれば貞淑で理想的な夫婦と言えるかもしれません。

しかし欲求というのは積もり積もってくるもの。

それを解消しようと思い相性が悪くても夫が自分を求めてくるとき、体の相性の悪さが悲しくなってしまうこともあります。

相性というのは片方だけが気持ちの良いセックスが出来ればいい、そういうわけではありませんし相手を満足させるだけでもありません。

こんな時に「セックスを求められる意味」が分からなくなり、むなしくなってしまうのです。

浮気の不安が絶えない

人間ですから快楽に溺れてしまうこともあり、そのリスクが高いのは圧倒的に男性のほうだと言えます。

そのため、夫が他の女性に目を奪われるリスクが高くなることもあります。

きっかけは何であったとしても、他の女性と相性の良いセックスをしてしまった場合は長期的な浮気に発展する可能性すらあります。

逆に夫婦間で体の相性という問題が無ければ、こんな心配をする必要もなく夫は妻のもとに帰り毎晩でも愛してくれるでしょう。

旅行先でも楽しくない、旅行が減ってしまった

ところ変わればお互いの盛り上がりにもスパイスが加わり、楽しい夜を迎えることだって可能です。

しかし体の相性が悪いままだと、その盛り上がりは半減してしまいますし高齢夫婦のように景色を楽しむだけの旅行になってしまいかねません。

自然と夫婦での旅行が減ってしまい、本当に「ただ一緒にいるだけの男女」になることもあるようです。

中には相性の悪さから新しいプレイにチャレンジしたりという夫婦もいますが、「相性が悪いことを知っている」ことで最初から諦めてしまうケースがほとんどです。

たまには旅行して楽しい時間を過ごすのも、男女として夫婦が水入らずになるから出来ることです。

体の相性が悪いとそもそも旅行に行こうという気持ちすら生まれなくなってしまいます。

夫が家以外の楽しみをもってしまい帰ってこない

男性の中には体の欲求をなんとかしようと例えばお酒やギャンブル、趣味なんかに打ち込んで欲求を別な形で解消しようとする人もいます。

ギャンブル以外は健全と言えるかもしれませんが、実際は自分が楽しむために家に帰らなくなるというケースも少なくありません。

愛する妻が家で待っているというのが一番理想的なのであって、個人の時間も大切ですが夫婦の時間を圧迫するほどになってくるようではいけません。

体の相性が良い人と結婚した人たち

逆に体の相性が良い男性と結婚できると、もちろん結婚生活に大きなメリットが生まれます。

一生を共にする相手だからこそ、やはり夫婦間ではセックスが大切だということも分かるでしょう。

お互いを男女として見続けることができる

結婚しても女と男、これがあることはとても大切です。

男性には男性の悩み、同じようにあなたにも女性としての悩みがありますよね。

生理ひとつ男性には理解しがたいもの、でも体の相性が良いことは「体を気遣ってくれること」でもあるのです。

お互いが性別もない、なんとなく一緒にいる存在では「相手を気遣うこと」なんてなくなってしまいます。

大人の男女なんだから自分でなんとかしろ、そんな声さえ聞こえて来そうな瞬間があります。

体の相性が良いと相手を思いやることが生まれるので、お互いに良い関係で夫婦を続けることができます。

ちょっとした気遣いを忘れられない

好きなお酒を買ってくる、ちょっとした花をプレゼントしてくれる、そんな気遣いが続くのも夫婦間の関係がどれだけ潤っているかにかかってきます。

特にこういうことを忘れるのが男性なので、ずっと男女でいることと同じように夫があなたを女として見てくれることはとても大切です。

男性が妻を女として見るために一番の効果は、「体の関係が継続していること」です。

そのためには相性が良ければ長く続くことにつながるでしょうから、体の相性がお互いの気遣いが必要なことを教えてくれるのです。

記念日も必ず祝ってくれる

体の相性が良ければ夫は妻を求めてくれて、そのための努力を欠かすことはありません。

男性の単純なところでもありますが、それでも自分を大切にしてくれていることが嬉しいのは変わりません。

男性は特に記念日を忘れてしまいがちなので、小さなことでも二人だけの時間を大切にしてくれる、その気持ちが生まれるのも少なからず体の相性が影響してきます。

妻を抱きたいと考える気持ちが、結果として二人の記念日を忘れずにいてくれることにつながるなら、心も体も満たされると言えます。

性欲をためなくて済む

女性だって人間であり、男性ほどとは言わなくても小作り以外で性欲がたまることもあります。

そんなとき、夫が相手してくれないだけでなく相性も悪いようでは、たまのセックスのタイミングでもモヤモヤしたまま終わってしまいます。

することをしても結局欲求が解消されない、そんな悩みは少し寂しくも感じる瞬間です。

性欲に対しては圧倒的に女性のほうが不利なので、体の相性さえ良ければ心から気持ちイイ瞬間を迎え性欲をためずに済みます。

ケンカしても仲直りのタイミングが早い

ケンカ→セックスなんて、少しありきたりなパターンで敬遠するという人もいるでしょう。

しかしこれがきっかけでも、最終的にケンカの仲直りができることが大切です。

体の相性さえ良ければ、激しいケンカでも激しいセックスで盛り上がることができれば、きっと今まで以上の関係を築くことだってできます。

難しいことは抜きにしても、最終的に体を重ねることができるならそれは幸せなことですから。

どちらからともなく、相性が良いことで体を求めあうことができるのもメリットの一つであり、ケンカの終着点にすることだって可能です。

体の相性が良い人と結婚すべきのまとめ

体の相性が全てではありませんが、非常に重要であることは否定できません。

相性次第で夫婦仲が良くも悪くもなったり。

結婚するかどうか考える場合、体の相性が良いかどうかは、頭の片隅に入れておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください